メモ書き帳

2011年11月25日

「好き」への向上のしかた・させかた

Filed under: Uncategorized — ru3memo @ 12:42 PM

「るるるちゃん、スマートフォン詳しいよね?どうなの楽しいの?」

今でこそスマートフォンを使う人間がちらほら増えてきたものの、
まだまだわたしの周りには、いわゆるガラケーユーザの友人が沢山います。

と同時に・・・・

わたしはカメラに興味を持ち始めました。

今年の6月くらいまでは、「カメラなんてさ、被写体が写ればそれでいいんじゃないの」って本気で思っていました。
なので、上手く写れば「あら普通に写ったわ」ってちょっと思うだけで、別に拘りなんて一切無かったのです。

だからこそ興味を持ち始めた今は、「撮るのならばまともに撮りたい!」って素直に思うだけなのですが、
用語とか、こうすればいいとか、そんなのはやっとごくごく最近に意識するようになりました。

思えばわたしはXperiaに関してそもそも誰かに教えていただくと言うよりは
「どうすれば良いのかと思うようになってから自分でこっそり調べる」タイプでして。
勿論、「そのアプリなんですか?」って聞くことは当然あるわけですが。

スマートフォンに関してはまだまだ解らないことも沢山あります、
「るるるさん色々使いこなされてるでしょ」と言われますが、そう見えるだけです、
このブログだって、ある程度スマートフォンに慣れてから開設したブログですので、初心者がほんの少し知識を持つようになっただけの話です。
それにわたしと同時期にスマートフォンを持つようになったか、あるいはわたしより後に持ち始めた方がほとんどの閲覧者様かと思いますので、
仮にわたしが悩んだとしても、「こうやったら出来たよ!」っていう【一緒に解決】みたいな感じでした。

でも、カメラは違いました。

「これってどうやるんだっけ、、後で調べるかなー」って思うことでも
カメラを使われている方にとっては当たり前にご存知の方ばかりで、
「これはこうするといい」とこちらがまだ何も聞いていないのに(まだ知ろうと思っていなくても)専門用語を言われても、
「その言葉知らない、、後で調べてから返信しなきゃ;;」と
知らない知識や用語を言われて「わたし知らなくて本当にごめんなさい;;」と思うしかないのです。
というよりも、怒られている気分にもなるのです。失礼な話ですよね、親切に教えてくださっているのに。
怒ってないんですよね??そう訊ねたくなってしまうのです。

でも、それってスマートフォンも同じなんだなって。

本当に興味があるものだったら、勿論誰かに訊ねることはあっても、
自分でなんとか(興味が沸くことや必要なことは)調べるでしょうし、
それ以上の余計なことを話しても本当の意味での初心者さんを混乱させるだけなんだなって。

でも、わたしだってきっと隣で友だちがスマートフォンを持っているならきっと「これ知ってる?」って教えてあげるんだろうなと思いますので、
知識のある方は素直にアドバイスをされているわけで、そこには純粋な「教えたい」の気持ちだけなわけで、
決して「こんなことも知らないの?」なんかのマイナスな気持ちではないのです。

「おたく道」と「パパラッチ」、この2つのシリーズを綴るようになって、
「興味はあるものの本当の意味での初心者」の気持ちと、
「とっても大好きで、興味持ってもらった初心者さんがもっと好きになってもらいたい、知識を得た人」の気持ち、
両方の気持ちが少しだけ解りました^^;

そこで感じたことは、
初心者さんは「教えてくださる方は親切で教えてくださっているんだ、決して怒っているわけじゃないんだ」と
心から教えてくださる方に感謝し、
知識を得た方は「必要以上に色々教えたら引かせてしまうことにもなるな。ここ気になってるんだ、聞いてこないということは深く知ろうとはきっと思ってないんだろうけれど、まずは軽く教えてあげようかな」と
とにかく興味の芽を摘まないようにする。あと、見守ってあげる(笑)

と書いたものの実行に移すにはなかなか難しいですよね、だってわたし自身できてないんだもの(汗)
何をえらそうに書いてるんだって感じです、本当にすみません(汗)

これは別にスマートフォンやカメラに限ったことではありませんが、
どちらの気持ちも少しだけ解った分、2つのシリーズを始めて良かったのかなと思いました。

ここまで読んでくださって、皆様本当に有難うございます。
色々自分自身を反省しつつ、この記事をたまたま読んでくださった方も、ほんの少しだけ
「こんな風に感じている人もいるんだな~」と思ってくだされば幸いです^^

広告

コメントする »

まだコメントはありません。

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

WordPress.com Blog.