メモ書き帳

2012年3月5日

MacBook AirでAndroidアプリ開発環境構築メモ3:Eclipse前編

いよいよ、Eclipse導入に関する記事に移ります。

前回までの記事はこちら:

  1. MacBook AirでAndroidアプリ開発環境構築メモ1:決意(?)とJDK
  2. MacBook AirでAndroidアプリ開発環境構築メモ2:Android SDK

1) Eclipseインストール

最初に思ったのは、「えっ、これどれ入れれば良いん?!」ってことでした^^;
色々ありすぎて分からんかったのですが、とりあえず「Eclipse IDE for Java Developers」が宜しいとのこと。

解凍して、アプリケーションの中の「android」フォルダの中に入れました。

2) ADT(Android Development Tools)インストール

Eclipseを起動させると、workspaceなるものの指定を聞かれるのですが、とりあえず普通のままでOKです。

で、HELPから「Install New Software」を出さないといけないのですが…肝心のHELPはどこやねーん?!泣

ありました!画面の端っこだったとは。winとは違うところにあってびっくり。ほんと盲点でした(–;

無事、「Install New Software」を出せたところで、

「Work with:」のところに以下URLを入れます。

入れたら「Add」をクリックします。そうすると「Add Repository」という表示が出るので、
Nameを入力してOKボタン。名前は特に決まっているわけではないようですので、分かりやすければOKです^^

OKを押すと、画像のように「Developer Tools」なるものが表示されるのですが、、これがちょっと時間かかるので不安になりますw
不安にならなくてもそのうち出てくるのであわてずにw

全て表示されたらこんな感じ。

表示されているもの全てにチェックを入れて「Next」ボタンをクリック。

そうするとインストール確認画面になるので、それも確認して「Next」で。

ちゃんとライセンスも確認して(わたしは英語が苦手なので読んでません、汗)、「I accept…」にチェックを入れ「Finish」ボタンをクリックします。

そうするとインストールが開始され、途中で「Security Warning」確認がありますが、それもOKしてくださいね。

インストールし終えるとEclipseの再起動(Restart Now)をします。

3) 今回の反省

この辺りでwinとMacって違うねんなーと思ったり。特にHELPの場所ー><

でも、続きを頑張ります。スタバでドヤ顔のために…!

後編へつづく。

広告

コメントする »

まだコメントはありません。

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

WordPress.com Blog.